ぽよっ腹!!

主婦の可能性は無限大です!

帰宅部だったので思い出が全く無い高校時代

今週のお題「部活動」

 

中学生の頃は吹奏楽部でした。

そんなに上手な学校では無かったですが、良い先生と仲間に恵まれて本当に楽しい部活生活を送らせていただきました。

20年近く経った今でも楽譜を見なくても演奏できそうなくらい頭に残ってる曲が何曲もあるくらい。

実は中学時代は短い期間ですが登校拒否になったこともあったんです。

だけどそれ以上に楽しい思い出にあふれているので、登校拒否の思い出なんてうっすらしか残っていません。

 

 

それに比べて高校時代。

吹奏楽部に入ったものの、1か月で退部。

そこからは帰宅部、ということで帰りに友達とプリクラとったりカラオケ行ったり、ほとんどはそのまま帰宅していたかな。

家でもだーらだら。

高校時代の思い出ってほんっとに何にもないんです。

プリクラにカラオケと書いたけれど、ほかに何をしていたか全然覚えていないです。

高校で知り合って仲良くしていた友人たちとは1人残らず音信不通。

特に会いたい訳でもなくどうでも良いのですが。

 

 

私の人生のなかで、学生時代の部活というのはとても大切なものだったんだと思います。

高校の吹奏楽部、自分に合わなくって楽しくなかったから辞めた。それは正解だったと思う。だけどそのあと他の部活に入れば良かったな、と今頃になって思います。そこまでしっかり出来ていれば、思い出が無い高校時代にはならなかっただろうな、と思います。

部活でなくても、何か自分の興味のあること楽しいことに思いっきり打ち込むことはとても人生を豊かにすると思います。

死ぬときに何も思い出が浮かばない人生にならないよう、やりたいことは思い切って、全力で取り組んでいこうと思います。